鹿島神宮の4つの「一之鳥居」

鹿嶋市に入るときに、利根川にかかる神宮橋を渡ってくる方も多いと思う。そこで目に入るのが、水上に浮かぶ大きな赤い鳥居。これは鹿島神宮の西の一之鳥居だ。西があるなら東にもあるのかというと、明石の浜と呼ばれる海辺に木の鳥居がひっそりと立っている。

鹿嶋に移住して3年が経って、ようやく東西南北4つの一之鳥居があることを知った。南は神栖市にある息栖神社。昔、船で参拝にやってきた人がこの鳥居をくぐって息栖神社を参拝したと聞いたことがある。ちなみに、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社は東国三社といって、昔の人はこの三社をお参りしてから旅をしたという。私も4年に一度のワールドカップに向かうときは、必ず東国三社参りをしている。2014年ブラジルに行く前、2018年ロシアに行く前にもお参りをした。

北の一之鳥居だけは行ったことない。「鹿島神宮駅」よりも北、臨海大洗鹿島線「鹿島大野駅」からすぐの戸隠神社にあるようだ。今度行ってみよう。この東西南北4つの一之鳥居の内側が神域とされているそう。MARBLE B&Bも神域内ということになる。

東京から鹿嶋へ移住を決めたとき、方位学や日本のレイライン、神社の位置、古い地図、あらゆる情報を参考にした。ただ、この鹿島神宮の神域がこれほど広範囲とは知らなかった。これからもう少し時間をかけて調べてみよう。

東の一之鳥居は鹿島神宮の神様、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が上陸した場所で、いわゆる日本のレイラインはここから始まって、皇居、明治神宮、東京タワー、伊勢神宮、高千穂が一直線、という話がある。日出づる国、日本の最初に日が昇る場所というわけだ。2011年の震災後、初めてこの東の一之鳥居を訪れたとき、津波が襲われながらも力強く立っている様子に鳥肌が立った。鹿島神宮の鳥居は地震で崩壊して、石造りだったこともあってバラバラになってしまった。今は新しく木の鳥居が立っている。水上の西の一之鳥居は、夕日に照らされる姿が特に美しい。それらに比べると、東の一之鳥居は拍子抜けするくらいに質素で地味である。パワースポットとして注目されているのは鹿島神宮だが、東西南北の一之鳥居も巡るのも楽しいと思う。特に東の一之鳥居は、震災後に鳥居背後の堤防が高くなって、景色も変わってしまったけど、階段が付いていて砂浜に降りることもできるようになっている。時々、ここで海を見たりする。

「PayPay」が使えるようになりました

お支払いの際、これまでのクレジットカードに加えて「PayPay」が使えるようになりました。ご宿泊の際は、ぜひスマートフォンに「PayPay」をダウンロードしてきてください。クレジットカードはこれまで通り、VISA、Master、JCB、AMEXなどがお使いいただけます。

PayPay
QRコード決済「PayPay」

PayPayでお得に宿泊する

お手持ちのスマートフォンに「PayPay」アプリをダウンロードすると、新規登録で500円分もらえます。それだけでもお得。ちなみに私は登録してすぐ、もらった500円をファミマで使いました。

さらに、PayPayは「100億円キャンペーン 第2弾」を開催中。2019/5/31までに宿泊される方は、最大20%が戻ってきます。とはいえ、1回のお支払いにおける付与上限は1,000円相当。

たとえば、シングル1泊 5,4000円を、初めて使うPayPayでお支払いする場合、500円引きで4,900円。20%の980円が戻ってくるので、3,920円で宿泊できることになります!現金より断然PayPayですね。ただし、前回のキャンペーンは大好評ですぐ終了したので、今回も5/31を待たずに100億円使い切って終了する可能性があります。

PayPay 100億円キャンペーン 第2弾

お手軽なQRコード決済

日本でもようやく各社、QRコード決済のサービス戦争が激しくなってきた。私がよく使っているのは「LINE Pay」「PayPay」。「LINE Pay」は、普段LINEを使っているので敷居が低い上に、LINEでクーポンが届いたり、20%還元のキャンペーンも時々通知がくるので、お得なときだけ銀行からチャージして使っている。

メインのQRコード決済は「PayPay」を使っている。こちらは、なんといってもクレジットカードを登録しておけるのがいい。航空マイルをためているので、銀行から送金して使う「LINE Pay」より、「PayPay」を使うことで登録クレジット決済=マイルがたまる。

メインのQRコード決済は「PayPay」を使っている。こちらは、なんといってもクレジットカードを登録しておけるのがいい。航空マイルをためているので、銀行から送金して使う「LINE Pay」より、「PayPay」を使うことで登録クレジット決済=マイルがたまる。

また、「PayPay」はソフトバンクとYahoo!が株主で作った会社で、信頼度も高い。100億円キャンペーンを一度ならず二度もぶち込んでくるあたりも凄まじい本気度を感じる。

「PayPay」はソフトバンクとYahoo!が株主で作った会社で、信頼度も高い。100億円キャンペーンを一度ならず二度もぶち込んでくるあたりも凄まじい本気度を感じる。

恐らく、2019年から2020年にかけて日本のQRコード決済は淘汰されてくるだろうけど、この2つが本命だと思ってMARBLE B&Bにも導入してみた。

中国のQRコード決済「WeChatPay」「AliPay」もお使いいただけます。

昨年、ACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)のサッカー観戦で上海を訪れたときに、何より驚いたのが中国のキャッシュレス化が徹底していることだった。大型店舗はもちろん、コンビニも露店もすべてキャッシュレスで、ほとんどの人たちが「WeChatPay」か「AliPay」のどちらかを使っていた。店頭のQRコードを自分のスマホでピッとやるだけ。老いも若きもキャッシュレスだった。現金を使っていたのは、観光客くらいじゃないだろうか。日本のように「スマホなんていらない、わからない、難しい。携帯電話は電話ができればいいのよ」という人たちに有無を言わせないくらいの徹底ぶり。つまり、中国では年齢に関係なく一人一台皆スマホを持っている印象だった。

私が想像していた自転車でごったがえす空気の汚染された中国はそこにはなく、焦りを感じた。日本は遅れている。日本の経済は止まっているんじゃないか。

帰国後すぐに「WeChatPay」を導入、そして今回「PayPay」の導入と同時に「AliPay」も使えるようになった。とはいえ、MARBLE B&Bに宿泊する中国人のお客さまは、ほとんどAirbnbでオンライン決済するので、あまり意味はないのだけど。

MARBLE B&Bは引き続き、キャッシュレスを推進していきます。

椅子のはなし

2016年の引っ越し当初、B&Bのカウンター席に椅子を3脚、共有スペースのPCデスク用に1脚、各客室に1脚ずつ、合計8脚の椅子を購入予定だった。ところが、建物やあれこれに予算を使い切ってしまって、憧れていたデンマーク製の椅子は購入を見送ることにした。

手の届かなかったデンマーク製の椅子を、一度神奈川の伊勢原にある北欧家具のお店「talo SCANDINAVIA FURNITURE」に見に行ったことがある。北欧らしいシンプルでしっかりとした作りの、飾りのない線の美しい椅子だった。デッドストックなので使い古された傷があったり、木の色も椅子それぞれ若干の違いがある。座面の張り地を変えて家に置きたいと考えていた。だが、先立つものがない。それで、IKEAで安い椅子を買い、座面を自分で貼り替えることにした。予算がないのだから仕方がない。

椅子の張り地は、どんな生地でもいいというわけではない。いろいろなお客さまが使うのだから、摩擦に強い、しっかりとした強度がなくてはならない。シンプルな赤い張り地、いつだったかイームズチェアにそんな赤くてかわいらしいクッションが置かれているのを見たことがある。ワイヤーフレームの美しい白いベルトイアチェアだった気もする。とにかく、赤い座面が印象に残っていた。あの生地はどこで手に入るのだろう。

調べていくと、椅子の張り地ドットコムという見事に名称そのままのサイトに辿り着いた。ここでようやく探していた張り地を見つけた。それが「リバコ」という張り地だった。これを自分で張ればだいぶコストカットになる。やったことはないが、ガンタッカーを買ってきて貼り替えてみよう。

ガンタッカー ファブリックパネル 自作 イス、バイクの座面張替えに。ホッチキスとしても使えます。ファブリックパネル ファブリックパネルの自作 ファブリックパネル

価格:980円
(2018/10/10 00:27時点)

張り地は、赤に加えて鮮やかな青も少しだけ購入した。厚みがあって、とてもしっかりとした生地。折り目が付かないようにくるくると丸まって届いた。

 

幅122cm、1脚につき50cmを使用する。
慎重に切っていく。

 

端っこを処理してから、座面のサイズに合わせて2つの角を縫っていく。

 

若干ズレてしまったが、気にしない。
椅子の裏側なんて誰もひっくり返して見たりしないのだ。

 

右側がIKEAで販売されていた状態、左が仕上がった椅子。上出来!

 

22番の部屋には、白い折り畳みテーブルが設置されている。
この部屋は天井が高くて日当たりもよく、明るいイメージ。
椅子の色は、ロフトに上がるハシゴと同じ明るいバーチ材にした。
カーテンの赤とうまくマッチした。

 

B&B 1階の共有スペースにあるPCルームは、壁が薄いブルーグレーなので、この椅子だけ張り地を青にして落ちついた空間にした。

 

 

MARBLE B&BのWIFI環境

MARBLE B&Bは光インターネット回線だけど、自宅側に設置しているWIFIルーターから遠ければ遠いほど、速度が落ちてしまう。一番遠い22番のお部屋は、WIFIが途切れてしまうこともあったので、これまで中継機を設置したり、あれこれ試してきたもののなかなか改善されなかった。

そこで、これまで使用していたAirmacExpressからTP-LINKのDECO M5というWIFIルーターに変えて、メッシュWIFIシステムを構築することにした。ルーターひとつでも利用可能だけど、同じ製品3個セットを購入し、1つは自宅側、もう1つはB&Bの1Fに設置、さらにもう1つをこれまで電波が届きにくかったB&Bの部屋に設置してみた。3つのユニット設置後、もし電波の弱い部屋があれば、最大10個まで増設することができる。

結論は以下のとおり。B&B各部屋でほとんど通信速度が変わらない。
3つのユニットが機能して、完全に建物内の通信速度が保たれている。

軒下のブランコに揺られながらスピードテストしても、圧倒的にサクサクだった!

これで、最大510平米にWIFIが届く環境が整った!
さらに、最大接続台数100台以上!

メッシュWIFI技術を使ったルーターで最近人気なのは、Google Wifiで、デザイン性も使い勝手も良さそうだった。ただ、TP-LINKの方が価格が安い上に、設定がスマホの専用アプリで簡単にできる。しかも、セキュリティ対策もできて、ネットワークに新たな端末が接続されると、アプリでチェックできる。トレンドマイクロ社のセキュリティソフトも3年間無料で使える。

わが家は自宅とB&Bすべて入れると、6LLDDKKという間取りなので、すべての部屋で通信環境を改善するのはこれまで難しかった。メッシュWIFIシステムを導入することで、ようやくこれが改善した。

12月に貸切予約のお客さまが、ビデオ会議アプリケーション「zoom」を使って、映像配信を企画している。こうしたニーズにも安心して対応可能になった。

というわけで、MARBLE B&Bはインターネットバリバリのサクサクです。

 

【36倍ポイント最大】話題の“メッシュWi-Fi”セキュリティ搭載でどこよりも便利に TP-Link Deco M5 WiFi 無線LANルーター 11ac/n/a/b/g 3ユニットセット オールカバーホームWi-Fiシステム【Amazon Alexa対応製品】

価格:26,780円
(2018/10/9 21:53時点)

アントラーズの公式ラジオ番組「アントラーズラウンジ」

FMかしまで鹿島アントラーズの公式ラジオ番組「アントラーズラウンジ」が放送中です。クラブCROの中田浩二さんがMCを務めたり、西大伍選手がセレクトした音楽が聞けたり、充実した内容です。時々選手やOBも出演します。メールもかなりの確率で読まれます!

 「アントラーズラウンジ」
毎週金曜日、18:00〜19:00 

 

インターネットで視聴する場合はこちらから
日本コミュニティ放送協会 JCBA – FMかしま

スマホで聴く場合は、アプリ「TuneIn Radio」をダウンロード
[iTunes] アプリ – TuneIn Radio

[Google Play] アプリ – TuneIn Radio

FMかしまは、鹿嶋市にあるコミュニティラジオ局です
FMかしま

 

キッチンSALA

東京の池袋にほど近い「南長崎」に、「せきざわ食堂」という地元の人たちに愛される大衆食堂があった。テレビドラマ「孤独のグルメ」にも登場したお店で、経営が心配になるレベルでべらぼうに安い。

その「せきざわ食堂」が2014年5月に閉店したあと、店名を「キッチンSALA」に変え、この鹿嶋で営業を続けている。こういうお店が近くにあるのはとてもうれしい。和食や洋食の基礎というものに忠実で、飾らず、丁寧に作ってくれる。そしてやはり、安い!

ドラマの中で主人公の五郎さんが食べていたのが「しょうが焼き目玉丼」だった。それも捨てがたいが、私のおすすめは「骨付き唐揚げ」。骨があると面倒くさいと思うでしょう? 全然面倒じゃない。するりと骨と肉が外れる。片栗粉で揚げているので、外側がカリッカリ、中はジューシー。千切りキャベツの上に4本も積み重なっている。お皿の片隅にはちょこっとナポリタンがのっている。こういう小さな気遣いがうれしい。その他に「アジフライ」もおいしい。「カレー」もおいしい。なんでもおいしい。

お店のお母さんは福島のご出身だという。聞けば同じ浜通り出身で、わが家と同じく原発事故で被災していた。一度、母親を連れてお店を訪れた際、奥から高校のアルバムを持ってきてくれた。お店のお母さんと私の母親は、偶然にも出身高校が同じだった。2〜3歳ほど母親の方が年上だったが、担任の先生まで一緒だった。そんなご縁もあって、鹿嶋に来て以来、贔屓にしている。

キッチンSALA
〒314-0006 茨城県鹿嶋市宮津台199-11
TEL 0299-84-5077
定休日 火曜日
営業時間 11:00 – 15:00 / 17:30 – 21:00

日川浜海水浴場

最近のお気に入りは鹿嶋のお隣、神栖市の日川浜(にっかわはま)海水浴場だ。砂浜から巨大風車がくるくる回るのを見るのが好きで、時々訪れている。

鹿嶋市内には「下津海水浴場」と「平井海水浴場」、2つの海水浴場があるが、どちらも駐車場は有料。一方、日川浜海水浴場は無料。さらに、無料で使えるシャワーもある。海水浴の他、サーフィン、釣りなど年間を通して楽しめる場所だ。時期によっては潮干狩り(4〜6月頃)もできるそう。近くには日川浜オートキャンプ場や温泉もあるとか。

日川浜海水浴場
住所:茨城県神栖市日川
遊泳期間:2017/7/15(土)〜8/20(日)
遊泳時間:9:00〜16:00
駐車場:無料(600台分)

神栖市 – 日川浜海水浴場

 

世界一のグルメスタジアム

家主は世界中のサッカースタジアムを訪れている。世界四大リーグと言われるイングランドプレミアリーグ、ドイツブンデスリーガ、イタリアセリエA、リーガエスパニョーラを観戦し、マンチェスターユナイテッドのホームスタジアム「オールドトラフォード」、世界最大規模のバルセロナ「カンプノウ」。ブラジルワールドカップ、ロシアワールドカップ、アジアNo.1を決定するACL(アジアチャンピオンズリーグ)も現地観戦して、あらゆる世界のスタジアムを実際に訪れて、これだけは言える。

グルメだけはカシマスタジアムが世界一!
グルメだけは!
(※個人の意見です)

カシマスタジアムは、なんといってもスタジアムグルメがおいしいので、ぜひキックオフ2時間前には到着して、グルメを楽しんでください。スタジアムコンコースで火が使えるスタジアムなので、出来たての熱々を食べることができます。

おすすめは、なんといっても「モツ煮」。たくさんのお店が「モツ煮」を販売していて、お店によって味も違います。いろいろ食べ比べてみてください。ものすごい煙が漂ってきたら、それは五浦ハムの「ハム焼き」の煙です。風向きによっては、試合中においしいにおいがスタンドまで入ってきます。

体力のある方は階段を上って、4階にもぜひ足を運んでみてください。厨カフェの「ローストビーフ重」「牛すじシチュー」も大人気メニューです。TAGUCHIの「もつ焼き」もがっつりおいしいです。

肉に飽きたら、2Fの仲町商店会で「いわしつみれ汁」「しらす丼」もおすすめです。鹿嶋は海が近いので、海の幸が豊富なのです。エミールの「きのこそば」「きのこうどん」も具だくさんでおいしいです。「カツカレー」は特大とんかつがのっているだけでなく、カレーにもお肉いっぱいで胃袋の事前準備が必要です。

世界中、あらゆる国のスタジアムを訪れてきました。リオのマラカナン、バルセロナのカンプノウ、ミラノのサンシーロといった世界的ビッグスタジアムも、ここまでおいしいものはありません。せいぜいホットドッグや冷えた食品を温める程度です。私の知る限り、カシマスタジアムのスタジアムグルメは、世界一です。

そんなわけで、のんびり食べてると試合が始まってしまいます。スタジアムへは早めに行きましょう。

鹿島アントラーズ – スタジアムグルメ案内

 

4F 厨カフェの「ローストビーフ重」

4F TAGUCHIの「もつ焼き」

カシマスタジアムへのアクセス

MARBLE B&Bからカシマスタジアムは、車で約15分、自転車20分、徒歩約1時間かかります。家主がシーズンチケットホルダーなので、ホームゲーム時は車でご一緒に。

ペットボトルのドリンクは、600ml以下のものはキャップを外せば持ち込み可。それ以外は紙コップに移し替えるか、ゲートにて預かりになります。瓶、缶は持ち込みできません。

駐車場・駐輪場

試合当日は、スタジアム周辺の地元農家さんなどが有料駐車場として解放します。帰りは混雑するので、車の出やすい場所に停めておくといいと思います。駐車場料金は、スタジアムに近い場所だと1000円、少し離れると500円ほどです。

農家さんの敷地に停めると、料金を支払う際に、旬の野菜やお茶をサービスしてくれることがあります。以前、700円で駐車して巨大キャベツと冷たいお茶をもらったことがありました。多分、キャベツ農家さんの敷地だったんですね。

駐輪場は、ジーコ像の向かいにある原っぱ辺りです。いつもこの辺の木陰に、中高生の一団が自転車を停めています。原付バイクもこの辺です。必ず施錠してください。

バス待ち

キックオフ90分くらい前に選手バスがやってきます。B&Bの鹿島アントラーズのフラッグを無料で貸し出ししていますので、時間に余裕のある方は「バス待ち」のエリアに集まって、選手を激励してください。「新日鐵住金ゲート」から入場してすぐの階段にも、ゲーフラや大旗を持ったサポーターが大勢集まります。