オリンピック期間中の駐車場6カ所決定

2020/02/06

2020/2/4付の茨城新聞にオリンピック時期の駐車場に関する記事が掲載されていた。スタジアム周辺への自家用車の乗り入れは基本難しいので、パーク&バスライドを利用するのがよさそうだ。2002年の日韓ワールドカップの時も同様だったと聞いた。

MARBLE B&Bに宿泊のお客さまは、自家用車をMARBLEに置いて、スタジアムまではレンタサイクルか徒歩、もしくは渋滞覚悟で自家用車でスタジアム周辺の民間駐車場に駐車になると思う。民間駐車場も混み合うことが予想されるので、ご希望の方は宿泊予約時にご相談ください。普段、Jリーグ開催時に駐車させていただいている民家のお庭(!)があるので、事前予約の相談をしてみます。

東京方面から

(1)前川運動公園(潮来市) ※潮来ICに一番近いのでたぶん一番先に埋まる
(2)神栖中央公園(神栖市) ※意外とここが便利かも
(3)新浜緑地隣接地(鹿嶋市) ※(1)(2)がダメならここ

※各駐車場から会場までバスで20~30分

水戸方面から

(4)大野潮騒はまなす公園(鹿嶋市)
(5)県立鹿島灘高(鹿嶋市)
(6)北浦複合団地(行方市)

※各駐車場から会場までバスで15~50分

いずれも第一便は、試合開始3時間前に会場到着。
帰りは試合終了から2時間後に会場近くから出る便が最終便。

 

茨城新聞社 2020/2/4
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000009-ibaraki-l08

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と県は3日、サッカー会場となるカシマスタジアム(鹿嶋市)周辺の交通対策を話し合う「県輸送連絡調整会議」を鹿嶋市役所で開き、マイカーで訪れる観客向けに実施する「パークアンドバスライド」の駐車場として、東関東自動車道潮来インターチェンジ(IC)に近い前川運動公園(潮来市)など6カ所を決めた。

6カ所は、(1)前川運動公園(2)神栖中央公園(神栖市)(3)新浜緑地隣接地(鹿嶋市)(4)大野潮騒はまなす公園(同)(5)県立鹿島灘高(同)(6)北浦複合団地(行方市)。各所に500~1200台分ずつ計5千台分確保する。

(1)~(3)は主に東京・千葉方面から来る観客の受け皿。マイカーから組織委が運行するバスに乗り換えてもらい、会場までは20~30分を見込む。(4)~(6)は主に水戸方面からの観客向け。会場まで15~50分を想定している。

行きのバスの第1便は、試合開始3時間前に会場に到着するよう各駐車場を出発し、その後は順次運行する。帰りは試合終了から2時間後に会場近くから出る便が最終となる。

電車での移動者向けには鹿島神宮駅からシャトルバスを運行する。同駅と鹿島サッカースタジアム駅にはエレベーターがないため、車いす利用者などはJR成田線佐原駅で箱型タクシーに乗り換えて会場に来てもらう。

組織委はカシマでの試合日に計200台のバスを調達し、パーク&ライドに130台、鹿島神宮駅-会場間に70台割り当てる計画。バス利用が有料か無料かは未定という。カシマでは7月23日から8月6日までの8日間で準決勝を含む男女計11試合を予定している。(戸島大樹)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA