「PayPay」が使えるようになりました

2019/03/16

お支払いの際、これまでのクレジットカードに加えて「PayPay」が使えるようになりました。ご宿泊の際は、ぜひスマートフォンに「PayPay」をダウンロードしてきてください。クレジットカードはこれまで通り、VISA、Master、JCB、AMEXなどがお使いいただけます。

PayPay
QRコード決済「PayPay」

PayPayでお得に宿泊する

お手持ちのスマートフォンに「PayPay」アプリをダウンロードすると、新規登録で500円分もらえます。それだけでもお得。ちなみに私は登録してすぐ、もらった500円をファミマで使いました。

さらに、PayPayは「100億円キャンペーン 第2弾」を開催中。2019/5/31までに宿泊される方は、最大20%が戻ってきます。とはいえ、1回のお支払いにおける付与上限は1,000円相当。

たとえば、シングル1泊 5,4000円を、初めて使うPayPayでお支払いする場合、500円引きで4,900円。20%の980円が戻ってくるので、3,920円で宿泊できることになります!現金より断然PayPayですね。ただし、前回のキャンペーンは大好評ですぐ終了したので、今回も5/31を待たずに100億円使い切って終了する可能性があります。

PayPay 100億円キャンペーン 第2弾

お手軽なQRコード決済

日本でもようやく各社、QRコード決済のサービス戦争が激しくなってきた。私がよく使っているのは「LINE Pay」「PayPay」。「LINE Pay」は、普段LINEを使っているので敷居が低い上に、LINEでクーポンが届いたり、20%還元のキャンペーンも時々通知がくるので、お得なときだけ銀行からチャージして使っている。

メインのQRコード決済は「PayPay」を使っている。こちらは、なんといってもクレジットカードを登録しておけるのがいい。航空マイルをためているので、銀行から送金して使う「LINE Pay」より、「PayPay」を使うことで登録クレジット決済=マイルがたまる。

メインのQRコード決済は「PayPay」を使っている。こちらは、なんといってもクレジットカードを登録しておけるのがいい。航空マイルをためているので、銀行から送金して使う「LINE Pay」より、「PayPay」を使うことで登録クレジット決済=マイルがたまる。

また、「PayPay」はソフトバンクとYahoo!が株主で作った会社で、信頼度も高い。100億円キャンペーンを一度ならず二度もぶち込んでくるあたりも凄まじい本気度を感じる。

「PayPay」はソフトバンクとYahoo!が株主で作った会社で、信頼度も高い。100億円キャンペーンを一度ならず二度もぶち込んでくるあたりも凄まじい本気度を感じる。

恐らく、2019年から2020年にかけて日本のQRコード決済は淘汰されてくるだろうけど、この2つが本命だと思ってMARBLE B&Bにも導入してみた。

中国のQRコード決済「WeChatPay」「AliPay」もお使いいただけます。

昨年、ACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)のサッカー観戦で上海を訪れたときに、何より驚いたのが中国のキャッシュレス化が徹底していることだった。大型店舗はもちろん、コンビニも露店もすべてキャッシュレスで、ほとんどの人たちが「WeChatPay」か「AliPay」のどちらかを使っていた。店頭のQRコードを自分のスマホでピッとやるだけ。老いも若きもキャッシュレスだった。現金を使っていたのは、観光客くらいじゃないだろうか。日本のように「スマホなんていらない、わからない、難しい。携帯電話は電話ができればいいのよ」という人たちに有無を言わせないくらいの徹底ぶり。つまり、中国では年齢に関係なく一人一台皆スマホを持っている印象だった。

私が想像していた自転車でごったがえす空気の汚染された中国はそこにはなく、焦りを感じた。日本は遅れている。日本の経済は止まっているんじゃないか。

帰国後すぐに「WeChatPay」を導入、そして今回「PayPay」の導入と同時に「AliPay」も使えるようになった。とはいえ、MARBLE B&Bに宿泊する中国人のお客さまは、ほとんどAirbnbでオンライン決済するので、あまり意味はないのだけど。

MARBLE B&Bは引き続き、キャッシュレスを推進していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA