コインランドリーのススメ

2019/06/19

コインランドリーの魅力に気づいてしまった。鹿嶋に移住して4年目にして初めて近所のコインランドリーに入ってみた。MARBLE B&Bから車で3分もかからない。本当にすぐそこにあるのに、コインランドリーというのは「洗濯機を持っていない人が行くところ」と勝手に思い込んでいて、利用したことが一度もなかった。なぜこんな便利なものにもっと早く気づかなかったのか!

田舎ならではというかなんというか、無駄に広いコインランドリー店内。MARBLE B&Bのシーツを洗って畳むにはもってこいの場所だった。

 

この日は5人分のリネンを一気に洗濯。これがたったの30分で完了!お湯で洗うのできちんと汚れが落ちる。素材に合わせて温度設定までできる。今まで3回に分けて洗濯していたのはなんだったのか!さらに、乾燥機は10分100円。40分もすれば、すべてふわふわに仕上がってしまう。どういうことなの。今まで、家の乾燥機は1日中フル稼働だったというのに。どうやらコインランドリーの乾燥機というのはガスで一気に乾かすので早いらしい。そういうの早く言って!

 

1時間もすれば洗濯から乾燥がすべて終わる。信じられない。私は昨年の夏、庭に物干し台を購入した。2階の洗濯機から洗い終えたシーツを取り出し、庭に出て洗濯物を干す、洗う、干す、洗うを繰り返していた。濡れた洗濯物というのは実に重い。大量の洗濯物を持って階段を上り下りするのは重労働だった。その物干し竿が強風で倒れて洗濯を一からやり直した日などは、満室をやりくりするのは限界かもしれないなと途方に暮れた。

ところがコインランドリーである。今までの苦労はなんだったのかと思う。

洗濯をしている間、朝食の買い出しに行ったり、いったん戻ってお部屋の掃除をする。そうこうしているうちに、あっという間にお洗濯完了。何を今さらと言うかもしれないが、これは画期的すぎる!

 

ラジオが流れる広い店内でシーツを畳む。これまで洗濯洗剤や柔軟剤の消費も激しかったが、コインランドリーは洗剤込み。1日中使い続ける乾燥機の電気代を考えても、こちらの方が断然コストが安いと思う。

さらに、洗濯機も乾燥機も巨大なので布団丸洗いが得意らしい。本当に布団を入れてしまって大丈夫だろうか。試験的に自宅用の布団を洗ってみると、きれいさっぱり!ふわふわに仕上がった。これはいい!素晴らしい!ぜひ寝たきりの祖母の毛布や布団を一気に洗ってあげたい。

ちなみに、ランドリーバッグに最適なのはなんといってもIKEAの袋。使わないときは小さく折りたたんでおけるし、なにより丈夫。濡れたものを入れても安心だ。

 

お店の片隅に、スニーカー専用ランドリーまである。あの面倒なくつの洗濯をたった200円でやってくれる。以前、釣りから帰ってきてドロドロになった靴を外の水道で洗っているお客さまがいらっしゃった。多分、生乾きの靴を履いて帰られたと思う。あのとき、コインランドリーを紹介できていたらと悔やまれる。

 

大人のくつなら2足、子どものくつは4足いっぺんに洗える。

 

くつの乾燥機は20分100円。家で洗って生乾きだったら、手っ取り早くここに入れてしまえばいい。

 

コインランドリーを知ってから、重労働から一気に解放され、劇的にラクになった。大量の子ども服を一気に洗って畳んでいるお母さんをよく見かけるのは、広いコインランドリーを使い、短時間で家事が終わるからだ。なるほど、そういうことだったのかと今になって理解した。コインランドリーがあれば、来年2020年に開催される東京オリンピックの期間中も、うまくやっていけそうだ。

それにしても鹿嶋市にはコインランドリーが異常なほど多い。以前、テレビ番組でもやっていたが、都心部ではおしゃれなコインランドリーも増えてきているそう。洗濯している間に子どもと遊べるプレイスペースがあったり、カフェ併設だったり。そして、両替の手間がいらないキャッシュレスのランドリーも増えているようだ。

資産を持った高齢者が投資先としてコインランドリー経営をする例も多いようだ。鹿嶋にコインランドリーが多いのはそれも理由かもしれない。コンビニ経営であれば人件費もかかるが、コインランドリーなら初期投資はかかるものの、経営は機械任せだ。

コインランドリー生活、まだ始まったばかり。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA